イタリアの名所・世界遺産

古代ローマ帝国の遺跡、カトリック関連の施設、ルネサンス芸術の数々など、イタリアは世界遺産保有数が世界一の国です。歴史遺産だけではなく、自然や街そのものが芸術として、世界中の人々を魅了しています。

ローマ歴史地区

1980年登録

ローマ歴史地区の写真

イタリアの世界遺産都市の中で最も壮大な都市

永遠の都ローマにはコロッセオやフォロ・ロマーノ、コンスタンティヌスの凱旋門、カラカラ浴場など数多くの古代遺跡が現存します。イタリアの世界遺産都市の中でも最も壮大な都市であり、年間を通してあらゆる国の観光客が訪れます。
ミラノからのアクセスは、ローマまで約3時間。ミラノは中央駅利用、ローマはテルミニ駅利用です。

ローマ歴史地区に行く

アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群

2000年登録

アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群の写真

聖フランチェスコの面影漂う巡礼地

トスカーナのこの小さな街が巡礼地として世界中のカトリック信者より人気を集めているのは、聖フランチェスコの面影を求めてのこと。薄ピンク色のフランチェスコ聖堂にジョットのフレスコ画、街を囲む自然とともにどこまでも優しい街です。
アッシジからのアクセスは、ローマまで約2時間40分~3時間。ローマはテルミニ駅利用。ローマからはほとんどがフォリーニョ乗換えです。

アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群に行く

ミラノ、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

1980年登録

ミラノ、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の写真

『最後の晩餐』がある教会

天才レオナルド・ダ・ヴィンチの最高傑作「最後の晩餐」。キリストの予言の瞬間を鮮やかに切り取ったこの名画は、教会の食堂の壁面に描かれているためまさに門外不出。ミラノに行かずして決して目にすることが叶わない人類の至宝です。
フィレンツェからのアクセスは、ミラノまで約1時間40分。フィレンツェはフィレンツェSMN駅利用、ミラノは中央駅利用です。

ミラノ、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に行く

ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群

1997年登録

ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群の写真

断崖に築かれた“陸の孤島”

イタリア語で「5つの地」を意味するチンクエ・テッレ。美しいリグーリア海岸沿いのモンテロッソ、ヴェルナッツァ、コルニリア、マナローラ、リオマッジョーレを指し、断崖に築かれた独特な立地と文化により“陸の孤島”とも言われています。
ミラノからのアクセスは、モンテロッソまで約2時間50分。ミラノは中央駅利用です。

ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群に行く

フィレンツェ歴史地区

1982年登録

フィレンツェ歴史地区の写真

ミケランジェロやガリレオが眠る芸術の街

フィレンツェはまさに天井のない美術館!“花の聖母寺”ドゥオーモ、「ヴィーナスの誕生」を所有するウフィツィ美術館、ミケランジェロやガリレオや眠るサンタ・クローチェ聖堂、メディチ家の住居だったヴェッキオ宮殿にピッティ宮殿など。
ミラノからのアクセスは、フィレンツェまで約1時間40分。ミラノは中央駅利用、フィレンツェはSMN(サンタマリアノベッラ)駅利用です。

フィレンツェ歴史地区に行く

ピサのドゥオモ広場

1987年登録

ピサのドゥオモ広場の写真

ピサの斜塔のある奇跡の広場

別名「奇跡の広場」とも呼ばれ、最も有名な鐘楼(ピサの斜塔)は実際に登るとその傾斜に驚かされます。また、大聖堂ドゥオーモにはガリレオが「振り子の原理」を発見したとされるランプがあり、当時の天才の姿が思い浮かぶようです。
フィレンツェからのアクセスは、ピサまで約1時間。フィレンツェはSMN(サンタマリアノベッラ)駅利用です。

ピサのドゥオモ広場に行く

ヴェネツィアとその潟

1987年登録

ヴェネツィアとその潟の写真

世界が憧れる水の都

「水の都」、「アドリア海の女王」などヴェネツィアを称する代名詞は、この街への世界の憧れを象徴しています。そして現実のこの街も、運河を巡るゴンドラや中世の貴族の屋敷などが憧れそのままの姿で華やかな街並みを彩っています。
ミラノからのアクセスは、ヴェネツィアまで約2時間35分。ミラノは中央駅利用、ヴェネツィアはサンタルチア駅利用です。

ヴェネツィアとその潟に行く

ヴェローナ市街

2000年登録

ヴェローナ市街の写真

ローマ時代の遺跡や中世の街並みが残る歴史地区

シェイクスピア「ロミオとジュリエット」の舞台でもあるヴェローナ。ロマンティックな逸話に事欠かないこの街には、ジュリエットの家やアレーナ(古代円形劇場)など世界遺産に指定されるほどの美しい街並みとローマ遺跡を残しています。
ヴェネツィアからのアクセスは、ヴェローナまで約1時間10分。ヴェネツィアはヴェネツィアS・ルチア駅利用、ヴェローナはポルタ・ヌオーヴォ駅利用です。

ヴェローナ市街に行く

ナポリ歴史地区

1995年登録

ナポリ歴史地区の写真

南イタリア最大と言われる都市の旧市街地

南イタリア・ナポリのイメージは、輝く太陽と青い海。しかし、ヌオヴォ城や卵城などはギリシアをはじめとする各国に支配され続けた証でもあり、ナポリの街の下に眠る2500年以上昔の地下都市などはナポリの複雑な歴史を物語っています。
ローマからのアクセスは、ナポリまで約1時間10分~2時間。ローマはテルミニ駅利用、ナポリは中央駅利用です。

ナポリ歴史地区に行く

ポンペイ遺跡地域

1997年登録

ポンペイ遺跡地域の写真

ヴェスヴィオ火山の噴火により消滅した古代都市

西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火により消滅した古代都市ポンペイ。驚くべきはテーブルに並ぶ食事や壁の落書きなど約2000年前当時の様子がそのまま発掘されたことで、ポンペイがいかに進歩した文明を保持していたかがわかります。
ローマからのアクセスは、ポンペイまで約1時間40分(ナポリ乗換え)。ローマはテルミニ駅利用、ポンペイは国鉄ポンペイ駅利用です。

ポンペイ遺跡地域に行く

シエナ歴史地区

1995年登録

シエナ歴史地区の写真

ゴシック風外観を保つ中世の街並みが残る歴史地区

トスカーナ地方の田園風景に溶け込んだかのような美しい世界遺産都市・シエナ。「世界一美しい広場」カンポ広場やマンジャの塔など中世をしのばせる街並みは、フィレンツェと覇権を競う強大な国家であった往時を感じさせてくれます。
フィレンツェからのアクセスは、シエナまで約1時間30分。フィレンツェはフィレンツェSMN駅利用です。

シエナ歴史地区に行く

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

1996年登録

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群の写真

1500年以上前のモザイク画を現在に残す建築群

素朴な雰囲気を漂わすラヴェンナが世界遺産に指定されたのは、数々のモザイク画のおかげ。1500年以上前のモザイク画がここまで多く、しかも当時の鮮やかさを失わずに保存されていることは珍しく、その美しさはまさに驚嘆に値します。
ボローニャからのアクセスは、ラヴェンナまで約1時間20分。ボローニャは中央駅利用です。

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群に行く

サン・ジミニャーノ歴史地区

1990年登録

サン・ジミニャーノ歴史地区の写真

標高324mの丘の上にある塔の街

丘上の塔の街サン・ジミニャーノ。聖ジミニャーノゆかりの巡礼地として栄えたものの14世紀には衰退し、今では時が止まったように当時の面影を静かに伝えています。「グロッサの塔」からは街全体とトスカーナの自然が一望できます。
フィレンツェからのアクセスは、シエナまで約1時間30分。フィレンツェはSMN駅利用、シエナからはバスで約40分です。

サン・ジミニャーノ歴史地区に行く

アルベロベッロのトゥルッリ

1996年登録

アルベロベッロのトゥルッリの写真

童話の世界に迷いこむとんがり屋根と白壁の家

とんがり屋根と白壁の家・トゥルッリが並ぶアルベロベッロ。石を積み上げただけの建築方法にもかかわらず、現在も住居やお店として利用されているから驚きです。さながら童話の世界のような光景に生活感が垣間見える不思議な街です。
ローマからのアクセスは、バーリまで約4時間。ローマはテルミニ駅利用です。

アルベロベッロのトゥルッリに行く

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園

1993年登録

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園の写真

凝灰岩の洞窟に造られた住居群

丘に張り付くように建つ洞窟住居サッシが印象的なマテーラ。石灰岩による白っぽい色彩がより一層、廃墟のような特異な景観を創り上げています。世界遺産となったことでお店やホテルもでき、今では観光客からも注目を集めています。
ローマからのアクセスは、バーリまで約4時間。ローマはテルミニ駅利用です。バーリからは私鉄FAL(Ferrovie Appulo Lucane)線(鉄道パス利用不可)で約1時間30分です。

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園に行く

アマルフィ海岸

1997年登録

アマルフィ海岸の写真

「世界一美しい海岸」と言われる景勝地

「世界一美しい海岸」とも言われるアマルフィ海岸。高級リゾート地ソレントからバスで海岸沿いを行けば、コバルトブルーに輝く海に複雑に切り立った断崖絶壁、そして急カーブの連続!スリル満点のドライブと絶景が楽しめます。
ローマからのアクセスは、ナポリまで約1時間10分~2時間。ローマはテルミニ駅利用、ナポリは中央駅利用です。

アマルフィ海岸に行く

バチカン市国

1984年登録

バチカン市国の写真

ローマの中にある世界最小国家

ローマの中にある世界最小国家・バチカン市国は、国全域が世界遺産として登録されています。カトリックの総本山サン・ピエトロ大聖堂はミケランジェロにより再建されたもので、ローマ法王が広場に向かって手を振るおなじみのバルコニーはここにあります。

バチカン市国に行く

その他のイタリア世界遺産にも鉄道(個人旅行)で行けます!

イタリアの鉄道パス一覧

ユーレイルグローバルパス
28ヵ国乗り降り自由のユーレイルグローバルパスは周遊型の旅にぴったり!
ユーレイルセレクトパス
ヨーロッパ26ヶ国の中から隣接する2~4ヶ国を選択してご利用可能!
ユーレイルセレクトパス イタリア&スイス
イタリアとスイスそれぞれの国鉄が運行する列車にご利用可能!2ヶ国パス 初の組み合わせです(2017年新商品)。
ユーレイルセレクトパス フランス&イタリア
フランスとイタリアそれぞれの国鉄が運行する列車にご利用可能!
ユーレイルセレクトパス イタリア&スペイン
イタリアとスペインそれぞれの国鉄が運行する列車にご利用可能!
ユーレイルセレクトパス ギリシャ&イタリア
ギリシャとイタリアそれぞれの国鉄が運行する列車にご利用可能!
ユーレイルイタリアパス
イタリア国鉄(FS)の全線にて有効な鉄道パス

イタリアのオススメ商品

ローマパス(ローマ市内の地下鉄・バスなど)
永遠の都ローマを3日間、自由に観て楽しむための1枚

ページトップに戻る