.italo(イタロ)の人気ルートや所要時間・料金体系などを紹介します。ご希望の区間を選べばオンラインで簡単にご予約が可能です。

.italo(イタロ)

イタリアの最先端列車

フェラーリのルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ会長らが設立したNTV社が運行する「イタロ」。イタリアの有名な工業デザイナーが手がけた真っ赤な車体は、イタリア最先端の列車です。

鉄道チケットとは

人気のルートから探す

お客様へのメッセージを入れるx○

出発・到着地の名前から登録

出発地点を登録 (クリックすると自動で左の「鉄道乗車券を検索」の出発地に登録されます)

到着地点を登録 (クリックすると自動で左の「鉄道乗車券を検索」の到着地に登録されます)

所要時間

お客様へのメッセージを入れるx○

区間 所要時間
トリノ~ミラノ 約45分
ミラノ~フィレンツェ 約2時間
フィレンツェ~ローマ 約1時間30分
ローマ~ヴェネツィア 約3時間50分
ローマ~ナポリ 約1時間10分
ローマ~サレルノ 約2時間10分

知っ得情報

.italoは私鉄にあたるため鉄道パスはご利用いただけません。ご注意下さい。

料金体系

.italo(イタロ)は乗車券と座席指定券がセットとなった包括運賃となっております。
ご乗車にあたり、必ず事前に座席の予約が必要になります。予約は乗車日の約120日前から可能です。

料金プラン 内容
ノーマル料金 日本出発5日前までに弊社宛にチケットをご返却いただければ変更およびキャンセルは可能です。(別途手数料がかかります)
子供料金は、乗車日に2歳以上14歳未満の場合に適用。
2歳未満で座席を使用しない場合は無料。
割引料金
ローコスト、
エコノミーなど
お席の数に限りがあります。
*ノーマル料金およびフレキシ料金に対し、お席の数が少なくなっております。
キャンセル及び変更は不可。

※イタリア鉄道のキャンセル・変更はお申込者全員分の手数料が発生いたします。

※.italo(イタロ)に鉄道パスはご利用いただけません。

*上記内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承くださいませ。

詳しい料金はルート検索から

ローマ Tiburtina駅

ミラノ Rogoredo駅

乗車口横の行き先表示

スタッフの丁寧な対応が人気

車両設備およびサービス

お客様へのメッセージを入れるx○

.italo(イタロ)の座席タイプは「クルブ(Club Executive)」、「プリマ(prima)」、「スマート(smart)」の3種類となります。
全クラスでFree Wi-Fiの利用可能。各座席に電源ソケットあり。.italo(イタロ)は全席が禁煙です。
.italo(イタロ)は「上質のおもてなし」をモットーにしており、ヨーロッパ鉄道の中でもトップクラスのサービスを提供しています。
※手荷物に関する注意事項※
スマートクラスをご利用の場合、一般的な航空機の受託手荷物許容量の75*53*30cmまでの手荷物は車内へお持ち込みいただけます。 上記のサイズを超えるお荷物をお持込みいただく場合はコンフォートクラス(スマートとプリマの中間クラス)、プリマクラス、クラブクラスをご利用ください。

クルブ(Club Executive)

  • 高級感あふれる雰囲気の車輌のなか足元もゆったり広々な1列+2列の座席配列
  • 独立テーブルつきリクライニングシート
  • 9インチの独立タッチスクリーンTV
  • 専用スタッフによる車内での常時サービス
  • 新聞サービス
  • ビールやワインを含むウェルカムドリンク&スナック
  • 4名用個室シート「サロット」の手配可能(4名同時のお申込み限定)

プリマ (Prima)

  • 足元もゆったり広々な1列+2列の座席配列
  • 独立テーブルつきリクライニングシート
  • 車輌ごとに休憩エリア(Area Break)あり
  • 新聞サービス
  • ビールやワインを含むウェルカムドリンク&スナック
  • 5号車の静かなPrimaRelaxシート(携帯電話使用不可エリア)の手配可能

スマート(Smart)

  • 座席は快適な横2列+2列の配列
  • リクライニングシート

食事について

  • 「クルブ(Club Executive)」および「プリマ(Prima)」は、ウェルカムドリンク&スナック付き
  • 3号車と7号車の休憩エリア(Area Break)にはカプチーノなどの飲み物やスナックを購入できる自動販売機あり

荷物置き場

  • 各車輌にチェーン付き荷物置き場あり(コインを入れて利用するタイプで、チェーンを外すとコインは戻ります)
  • チェーンのない荷物置き場も各車輌にあり
  • 各座席上部にも広い荷物棚あり
予約はルート検索から

知っ得情報

フェラーリ兼ファイアットの会長をはじめ、トッズやセリエAの会長ら名だたる企業家が共同出資したヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ社(NTV)が2012年に満を持して運行をスタートさせた .italo(イタロ)。
2010年にEU圏内の国際旅客鉄道輸送が自由化されたことを機に参入してきたNTV社の.italo(イタロ)は、これまでイタリア鉄道網をほぼ独占していたトレニイタリアにとってはまさに最強のライバル登場となりました。
車輌はフェラーリのデザインも手掛けるジョルジェット・フェジャーロが担当し、フェラーリを彷彿とさせる深紅の車体が駅に乗り入れてくる姿は鉄道マニアでなくとも興奮します。イタルデザイン・ジウジアーロによるスタイリッシュな内装は、フラウレザーを使用したソファなど列車全体がイタリアブランドをアピールしているかのようです。
また、.italo(イタロ)一番の自慢はこれまでのイタリア鉄道のイメージを覆すかのようなサービスの充実ぶり。最上クラスの「クルブ(Club Executive)」には常に乗客の要望にこたられるよう専属のスタッフが乗務しております。
現在はトリノ/ミラノ/ボローニャ/フィレンツェ/ローマ/ナポリ/サレルノ、ボローニャ/パドヴァ/ヴェネツィアを運行しており、今後はイタリア東海岸線に新ルートの開設も予定されています。
まさにイタリアの最新デザインとサービスが融合した新しい高速鉄道、.italo(イタロ)。イタリアに行くなら一度は乗ってみたい列車です。

*上記内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承くださいませ。

ページトップに戻る