ユーレイル スウェーデンパス

適用国

  • スウェーデン

ユーレイル スウェーデンパスの特徴

  • ●北欧のスウェーデンでスウェーデン国鉄(SJ)等が運行する列車にご利用いただけます。


  • ●SJの他、Arlanda Express、Arriva、Öresundstågなどの私鉄運行便に利用可能。
  • ●ご利用開始から1ヶ月以内の間で日にちを選んで利用できるフレキシータイプのパスで、3・4・5・6・8日間の設定が可能です。
  • ●12~27歳の方がユースパスの対象になります。
  • ●60歳以上の方がシニアパスの対象になります。
  • おとな1名につき、12歳未満のお子様2名まで無料になる特典パスの発行が可能です。
  • ※ご希望の方はお申込みフォームの「自由記入欄」よりリクエストしてください。
    【!ご注意!】
    • ●予約必須のSJ2000、夜行列車などもご利用いただけますが、事前にパスホルダーチケット(鉄道パス保持者用割引チケット)による座席指定が別途必要です。
    • ●格安のパスホルダーチケットは人気が高く席数も少なめに設定されておりますので、出来るかぎり早めのご予約をおすすめいたします。
  • 開始期限:発行日より11ヶ月以内に使用開始してください。

    • 料金表
    • ご利用条件

    ユーレイル スウェーデンパス

    1ヶ月間の間で乗車日を選択できるフレキシータイプ

    ご利用条件について

    • ユース:12~27歳
    • シニア:60歳以上
    • ※年齢は鉄道パスを利用開始したときの年齢です。
    • ※料金は1名様分です。

    家族旅行におすすめ!大人と同伴のお子様が無料になる特典パスあり!

    おとな1名につき、無料でお子様(4~12歳未満)2名様分のパスをセット発行可能です!
    ご希望の方は、お申込みフォームの「自由記入欄」に『お子様のパスポート記載のお名前・鉄道パス利用時のご年齢・性別』を記載のうえ、リクエストしてください。
    おとなが同行しない、もしくは適用人数以上のお子様に関しては「ユース料金」または「おとな料金」にてご購入ください。

    お勧めルート

    まずはコペンハーゲンの対岸の港町マルメからスタート。そして、スウェーデン第ニの都会ヨーテボリを経由して、北欧のベニスとも言われる首都ストックホルムへ。
    いずれも移動はスウェーデン版新幹線X2000で快適そのもの。
    ストックホルムからは、大学街ウプサラや湖畔のリゾート地ムーラも魅力的です。そして後は夜行列車に乗って、一気に北極圏のキルナやナルヴィクに足を伸ばしてみましょう。

    ちょっと一言

    スウェーデンには国有鉄道である SJ 以外にも多くの民間鉄道会社があり、そのほとんどの私鉄鉄道でユーレイルパスが使えます。ただしヨーテボリからストックホルムへ向かう路線では、ユーレイルパスが使えるのは SJ の列車だけで、MTR エクスプレスや Bla Taget の列車は適用範囲外となり利用することができません。SJ以外の鉄道を利用される場合には乗車前に利用可否を確認ください。

    このパスでデンマークのコペンハーゲンまでのSJ2000やノルウェーのナルヴィクまでの夜行列車もご利用になれます。
    • ※座席指定料や寝台料金が別途必要になります。

    ご利用に際して

    • 利用開始期限は、発券日から11ヶ月以内です。
    • ・全席指定制の列車をご利用の場合やそれ以外でも列車の予約(座席指定)をされる場合には別途、座席指定料が必要となります。また、寝台料金も含まれておりません。
    • ・無料のボーナス特典をご利用の場合は、鉄道を利用したのと同様に1日分がカウントされます。
    • ・発券日から1年以内で完全に未使用・未記入およびヴァリデーションされていないパスは払戻が可能です。ただし、最低15%程度の払戻手数料が差し引かれます。
    • ※ヨーロッパにお住まいのお客様はご利用になれません。

    パスの種類から探す

    エリア
    鉄道パス
    エリア
    鉄道パス
    フランス
    スイス
    ドイツ
    イタリア
    イギリス
    アイルランド
    スペイン
    ポルトガル
    デンマーク
    オーストリア
    ポーランド
    チェコ
    ハンガリー
    ルーマニア
    クロアチア
    ブルガリア
    ギリシャ
    フィンランド
    スウェーデン
    ノルウェー
    スロベニア
    スロヴァキア
    セルビア
    マケドニア
    リトアニア

    ページトップに戻る